Imagination is more precious than knowledge

カテゴリ:Profile( 3 )

profile〜go to America4 final〜


最後の街はLAです。

世界有数の観光地であり、その素晴らしい気候は世界でもトップクラスに入ります。

NYとは全く異なりますが、LAもこの気候からくる独特の陽気で少しゆるい文化とHollywoodやBiverly hillsの様なセレブな文化が共存する、非常に面白く刺激的な街であるといえるでしょう。

私はChicago→NYの後だったので、まずこの気候の良さに完全にやられてしまいました。
a0093778_10173994.jpg

飛行場から外に出ると三月というのに少し生暖かい空気だったので
来ていたコートを脱ぎ、NYでたまたま見つけたA.P.Cで買った真っ赤なT-シャツのみでTaxiにのりホテルに向かっている途中に窓を開けてみると、なんとも心地良い風。

しばらくその風を楽しんでいると、少し潮の香りがしてきたと思ったらSanta Monicaの海が見えてきました。その海の近くにこんかい滞在するDouble tree hotelがあります。


a0093778_10184578.jpg
LAで訪れる予定でいたBiverly hillsのサロンからは少し離れますがSanta Monicaの海沿いにありThird Promenadeも歩いて行ける距離なのと、全室Sweet room仕様で少しゆったりした作りなので、くつろぎのある空間が妙に落ち着かせてくれました。



荷物をホテルに置いて海沿いを少しふらつき、LAの暖かい太陽に癒されてから夕方ホテルに戻り、Mr.Jerryの娘さんでありLAでアンティークショップを開いているMs.Lizと彼女の友達でファッションデザイナーのShpetimと待ち合わせていたので、二人とホテルで会ってからダウンタウンに食事に向かいました。


軽く食事を済ませた後に三人で彼女の友達の家でPartyがあるからと
三人で向かった先はダウンタウンのリトル東京近くにあるデザイナーズマンションへ


a0093778_10201768.jpg







場所柄かとても厳重な警備のマンションの入り口におもわず圧倒されてしまいました。









その後、、、
彼女の友達の部屋に入りかわいい犬と彼女の友達数名に軽く挨拶を交わしたあと、一息ついていると、、、そこにMs.Lizの友達でこのpartyの主催者の方が話かけてくれました。


『もし、LAでの時間に余裕があるなら私がいつも行っているサロンに行ってみてよ!彼も日本人でとても素敵なHair Salonを経営してるから、きっとあなたも気に入るはずよ!』


彼女はその場で住所を書いてくれ、そのまま明日一日同行してくれる予定のShpetimに経緯を説明し訪れる予定のHair Salonとさほど遠くない事からその場で行く事が決定しました。

その後、しばらくしてから楽しいparty会場を後にしてその日はそのままホテルに戻りベッドへ、、、
a0093778_10215341.jpg



翌朝、Shpetimと共に朝からBiverly hillsのHair Salon巡りを行いました。



場所の位置関係を考えると、先に昨日のPartyで教えて頂いたHair Salonに訪れるのが良いだろうという事になったので、まずは彼女の大推薦の"Kinara SPA"へ向かいました。Melorseの近くにありながらとても落ち着いた雰囲気の彼等お店はSPAとCafeの2つに分かれていて、エステなどを楽しみながら終わったら髪をカット、セットをしその後に外の素敵なテラスでオーガニックな食事も楽しめるという日本でも最近増えてきSPA,HAIR SALON,CAFEが一体となっているトータルケアーのお店でした。
a0093778_10242111.jpg

彼女を担当していたのはKojiさんと、お時間を頂きそとのテラスで話していると
どうやら日本にいた時うちの社長とHair Showで一緒になった事があったようで
Morio from londonの名前をだした途端に色々と思い出した様で嬉しそうでした。


その後、Kinara spaを後にして次の目的地であるNYで出会ったDanielの大推薦でもあるA/T Tranmpにも行き色々なお話を聞く事ができました。


ここはほぼ全てのスタッフがVidal Sassoonでのサロン経験もしくは、学校を卒業した人で構成されていて非常に高いクォリティーのサービス、技術を提供している素晴らしいサロンでた。残念ながらDanielの友達はお休みで会えませんでしたがここでも貴重なお話を聞く事ができました。


その日は他にもサロンを数店舗まわった後にホテルに戻り、そのまま軽く食事をとりそのままベットへ、、、



翌朝、今回の旅の中でMr,Goldon氏が一番しっかり見てくる様にと何度も
仰っていたVidal Sassoon Academyへの訪問が待っていました。


a0093778_1027452.jpg







言わずとしれた世界で最も有名な美容師Vidal Sassoon。









その技術と歴史そして伝統を伝え続けているこのAcademyは常に多くの美容師を輩出し続けています。本場であるイギリス以外にもアメリカではここSatana MonicaそしてCanadaのAcademyが非常に有名です。


せっかくなのでこのVidal Sassoon Academyについては近いうちにまた別に書かせて貰いたいと思いますが今回のこの訪問で私の気持ちは決定してしまいました。


理由はAcademyの見学の際に見た先生と生徒の真剣な表情。
そしてここで学ばなくてはいけない運命の様なものを感じたからです。


これはChicagoやNYでのAcademy訪問では感じられないものでした。



その数日後、、、


色々とお世話になった方々に別れを告げLAを去る飛行機の中で、すでに気持ちは決まっていましたが、色々な不安と希望が渦巻いていたのも確かでした。

英語力の不安や自分の技術力の不安、また海外での生活に順応出来るかなど考えだすと、キリがない様に思えました。しかしその度の励ましてくれたのは会社の先輩や同期の仲間達そして何より自分の夢を叶えたいと言う自分自身の強い気持ちでした。

今回の旅の模様をそして自分の希望を添えて会社に提出し、それから幾度となく社長を含めマネージャーとミーティングをとりMr.goldon氏ともやり取りを行い、数ヶ月後再びChicago、LAの地を踏む事になります。


Chicagoでは2ヶ月不安だった英語を学び、それから念願だったV.S.Aへ向かう為にLAに渡りました、、、





さて、
かなり長くなりましたがいままでの経緯まとめて書かせて頂きました。







いま現在は帰国予定の2007年3月下旬までHair makeの仕事をLAを拠点に行っています。



これからも色々な世界を見ながら美容という仕事に結びつけていけたらと思っています。そして多くの人と出会い沢山の方を喜ばせ続けていける様に日々頑張っていきたいと思います。少しでも美容師という職業に興味のある方、又またまだまだ一部ですが世界の美容に興味がある方やすでに何処かで何かしらの形で個人の世界を持ち頑張ってる方、是非コメントを残し下さい。


私もまだブログ初心者ですがこの場を通して多くの方とつながっていけたら幸いです。


不定期での更新になると思いますが、皆さんがゆったりと楽しめて何かを発見出来る様なそんなブログにしてゆきたいと思っていますので2007年もどうぞ宜しくお願いします。

a0093778_1163427.jpg

[PR]
by shingo-go1979 | 2007-01-20 11:07 | Profile

Profile〜go to America2〜

今回の旅の目的は、まずこの目で体で海外の美容を感じてみる事。
そしてMr.jerryにもう一度直接会ってお話を伺い自分の学校を決める事でした。

色々な期待に胸を膨らまし、、、
まずはMr.JerryのいるChicagoへ

初めて降り立ったChicagoはうっすらとネズミ色の曇り空で雪がパラついていました。
不思議な物で天気に反して気持ちはかなり高揚していていたのを今でも覚えています。
全ての手続きを終え出口のゲートへ向かい外に出るとMr.jerryの奥さんである
Ms.karenと共に暖かく迎えて頂き、そのまま彼等の車に乗りまずは彼等のホテルに向かいました。

私が数日間滞在したホテルの名前ははBelden-Stratford。
a0093778_1093757.jpg

リンカンパークという大きな公園の近くで少し歩けばミシガン湖なども近くあり
自然が多い場所でありながら
ダウンタウンなどにもバスで数分というロケーションも素晴らしい場所でした。
内装もどこかしらヨーロッパを感じさせる作りで、ロビーには本格派のフレンチレストランもついていたりと設備も完璧でいてお洒落な素晴らしいホテルです。
Chicagoを訪れる機会がある方はご予算に余裕があれば是非泊まってみて下さい。


さて、ホテルに荷物を置きすぐに私は彼等のサロンであるJ.goldon designに向かいました。

a0093778_10132554.jpg

Belden-Stratfordから歩いて数分の所にある彼等のサロンは
AVEDAコンセプトサロンで娘さんがアンティークショップを経営しているのもあり全体的にとても暖かみのあるサロン作りで、セット面は約10面にシャンプー台が2台とそこまで大きな作りではありませんが、お客様一人一人が落ち着けるその雰囲気に私は一目で気に入ってしまいました。
その素晴らしいサロンの中でも得に目を引いたのがセット面のアンティークテーブルです!
a0093778_10161158.jpg












これは昔ミシンとして作られた物を改良して作った物なんですが、この発想に感動してしまいました。

















そのサロンの二階に彼等は住んでいるので
一通りサロン見学とスタッフに挨拶を終えたあと、彼等と共に二階に上がり今後の話にフォーカスを当て進めていきましたが、、、
英語の全く話す事の出来ない私は、ある程度の今後の希望を書面にして持っていき
それを渡しあとは辞書を引きながら全て身振り手振りで伝えるのが精一杯でした、、、

彼等も私の英語力はある程度予測をしていた様で
すでにこの約2週間の旅のアレンジメントを組んでいてくれました。

それは、、、
前回も書きましたが、Chicago→NY→Los Angelesという都市を巡りながら
彼等が良いと思う学校、ヘアーサロンを訪れ自分の目で確かめるという内容の物でした。

訪れる予定の全てのサロンオーナーはMr,jerryと交流があるというの事実が、
いかに彼がアメリカで多くの人脈を持っているかを物語っていると思います。

しばらく今後予定の話をして
その日はその後に近くの日本食のレストランに3人で行き軽く食事をし
ホテルに戻り飛行機と変な緊張感で早い時間に眠ってしまいました。

このChicagoでは約五日間という短い滞在でしたが、Mr,Jerryと話をしてChicagoの美容学校やHair Salonなども訪れ、少しの観光も出来たりと、、、
今回の旅行の話だけでなく、一人の成功者として多くのアドバイスを頂けた事が何よりも自分の財産となりました。

その後、後ろ髪を引かれる思いでしたが彼等に再び訪れる約束をしながら
彼等のアレンジメント通りNY→LAに渡っていきました。
a0093778_10242627.jpg

Mr.JerryとChicagoのピボットポイントにて、、、
因みに後ろのウイッグに刺してあるワイヤーは、ここではウイッグカットの前にワイヤーをカットしてレイヤー、グラデーション、ラインなどの形を理解するトレーニングを行っていました。

〜go to America3に続く〜
[PR]
by shingo-go1979 | 2006-11-22 10:31 | Profile

Profile〜go to America1〜

ここでは少し自分のプロフィールについて触れたいと思います。

私は日本のMorio from Londonという美容室で大宮店、原宿本店で4年程勉強し
いまはこの美容室から海外研修という形でLAに来ています。


a0093778_17574286.jpg

いづれ海外進出も考えているこの美容室では、多くの海外の美容師さんとコネクションを作り
日本と海外との美容の架け橋を作れる様な人材を育てた後に、お店を出店し
若い美容師さんに夢を与えられる様な店作りをしたいと考えています。

そこで名誉な事に私が選ばれ会社のサポート受けて日々勉強させて頂いているわけです。

海外を夢見て頑張っている日本の若い美容師さんも多いと思うので
今回は初めての渡米についてのお話を書かせて頂き
少しでも何かの参考になれば幸いです。


 〜Go to Amelica 1〜


2005の三月の初旬の寒空に私は初めてChicagoに向かって
ある知人に会いに渡米しました。

その方の名前はMr.Jerry Gordon.

彼は現在Chicagoの美容業界のトップで活躍されている素晴らしい成功者です。

彼とはうちの社長である河元 盛雄を通じI.C.Dという世界的に大きな美容師のネットワークがあるんですが、そのI.C.D.のメンバーが行う4年に一度の素晴らしいHair Showで
日本がホスト国となった時に運よく彼とお会いする事が出来ました。

もともと海外でいづれ勉強したいという旨はすでに社長に話していたので
もしかしたらいいきっかけになるかもしれないと社長に紹介して頂き、拙い英語で
『近い将来、海外で美容師の勉強したいのであなたを訪ねて行ってもいいですか?』
と訪ねたところ『是非いらっしゃい』と快く承諾して下さったので
その言葉を信じしばらく連絡をとり続けました。

そして、数ヶ月間のやりとりの中で、、、

『まず海外の美容を知る為に数ヶ月はどこかの学校に入り
勉強をした方が一番だろう、しかしいきなり決めても仕方がないので
まずは一度ここChicagoに休み使って来て我々と今後の話をしてついでに
NY,LAという世界でも有数の都市を周り世界の美容に触れてそして帰国してから
決めても遅くないんじゃないか?』

私はさっそく無理矢理お願いをしてサロンからお休みを頂き、すぐにアメリカに飛んでいきました。

〜go to America2に続く〜
[PR]
by shingo-go1979 | 2006-11-09 18:01 | Profile